イギリスにて/ in UK


イギリスで8日すごして、新しい作品制作の計画を始めました。
テムズ河の源流エリアと河口エリアを4日かけて調査し、川の砂を採集しました。
詳細は後日。



I spent 8days in U.K to start my new project.
I researched the area of source and estuary of The River Thames in 4days and collected sand.
I will launch the details at a later date.




DSC00190.jpg

DSC00232.jpg

DSC00645.jpg

DSC00881.jpg


DSC00830.jpg


続きを読む

2015.06.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | news

Roman Sand / ローマ的砂

800赤拡大DSCN9897

全体800DSCN9891

640赤DSCN9892


若手作家の塩谷良太氏が、ローマのテヴェレ川の砂を2カ所で採集して持ち帰ってきてくれました。
早速陶芸の窯で試験焼成をしてみました。焼き上がった色も質感も、日本の多摩川や
京都の鴨川、ロンドンのテムズ川、パリのセーヌ川など、これまでのどこの砂とも違う
表情です。
テヴェレ川の砂を焼いて、いつかローマの絵を描くことになるかも。


Shioya Ryota, young artist collected sand for me on the 2 points of the River Tevere in Rome Italy.
I fired them with ceramic kiln in high temperature tentatively.
The textures and colors are different from other river sands I fired ever, like the Tama River Tokyo, the Kamo River Kyoto, the River Thames London, the River Seine Paris.
Someday I might paint a picture of Rome with fired Roman sand.



青320-IMG_1771
S.Angelo Bridge

赤320-P3120153
Matteotti Bridge

2015.05.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 由無し事

光の粒 / the grains of light



DSC_0027.jpg

Ibo River -15 # 1017
73 X 100.3 cm 2015



描き終わった時から乾ききるまでの絵の濡れている表面は、美しくて目が放せない。この画像は表面の水がだいぶ引いてはいるが濡れている。それでも、乾いてしまうと見えにくくなる色たちが前に出てきて鮮やかに光っている。
「光の粒」という言葉を思いついた。

The surface of painting between the time I finished painting to the time it drys up is truly fascinating and I cannot take my eyes away from it.
On this image, the water on the surface is almost gone but slightly soaked, and yet some colors brightly shining before they lurked into the dried grains on surface.
The word " the grains of light " came to my mind.


2015.05.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 由無し事

For Art Basel 2015

小修正1001 
 Ibo River -5 #1001 40cm ×40cm 2015

小1002
 Ibo River -6 #1002 40cm ×40cm 2015


Art Basel 2015 に出品するなかから4点。
2015年春の絵画制作シーズンの始まりの2枚と終わりの2枚。

灰色の部分に、2013年に私の故郷の兵庫県揖保川で採集した砂をつかって、Ibo River シリーズを描きました。

スタジオで作品を見た友人が、「トレージングペーパーで包んでいるのだと思って見ていた。。」と 感想を話してくれました。どの作品もこれまでになく薄い色調になりましたが、そのほうが、光の変化に応じていろいろな色が画面から現れて来るのがみえます。(写真では色の再現が難しいですが。)

アートバーゼル2015では、この4枚の他にも何枚かの絵画作品が、ギャラリー小柳さんから出品されます。
今年は私も16日と17日のレセプションに参加します。
このブログを見てくれた方々と会場でお会い出来たらうれしいです。


4 paintings among the entry workes for Art Basel 2015.
The two of the begging, and the two of the ending on the time period of painting on Spring 2015.

I painted Ibo River paintings which I make the gray pigments with the sand from the Ibo River, runs my homeland, in Hyogo Japan.

" I looked these as if it has been covered with tracing paper" friend of mine said at the studio, Every painting is paler than ever. That make us sensitive to the turn of hidden colors appearing gradually depending on a change of the light more than ever. (it's difficult to be represented by photo. )

These 4 and other paintings will be shown by Gallery Koyanagi at Art Basel 2015,
I'm going to join the reception on 16 and 17 June.
I'm glad to see the readers of this site there.



1016修正DSCN9834 のコピー
 Ibo River -14 #1016 130cm ×163cm 2015



1025修正DSCN9834 のコピー
 Ibo River -23 #1025 130cm ×180cm 2015







2015.05.08 | | コメント(1) | トラックバック(0) | news

磁器製の挽き臼 / The porcelain quern.


臼2


ついに磁器製の挽き臼が焼き上がった。

16年前、陶粉で描き始めた頃は、乳鉢と乳棒で擦って陶粉を作っていた。
それから、より多くの陶粉を作るために、2枚の鉄板で挽き臼を作って使っていた。
ただ鉄の成分が陶粉に付着して色が微妙に変わることあったので、今回乳鉢と同じ素材で挽き臼を作ることにした。
直径36cmの磁器臼、作るのは簡単ではない。まだ見たことがなかった。

設計、原型、石膏型、鋳込み、乾燥、素焼き、本焼きと半年かかって、3種類の磁器土で3セットの挽き臼ができた。
使えるようになるまであとひと息。


The porcelain quern was fired at last.

When I stared my ceramic painting 16 years ago, I used to grind ceramic with mortar and pestle.
Then I made a quern with two iron plates to get more powder faster.
But the iron contaminates and changes the color of ceramic powder slightly.
So I made the quern with porcelain, same material as a mortar and pestle.
The porcelain quern 36 cm in diameter, is not easy to make.I never seen it before.

For all the processes, designing, modeling, plaster mold、casting, firing in low and high temperature, it took for half a year.
I got 3 sets of querns, with 3 types of porcelain clay.
I need some more adjustment for practical use.



臼1

2015.02.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | snap

«  | ホーム |  »