蒼々茫々の夕




日落ち、煙満ち、物は物と互いに融け、恍として無我の境に入る。

人語なく、物音なく、灯影なし。

唯蒼々たり、茫々たり。


(以下略)



これは、100年あまり前のちょうど今ごろの季節に、

徳富盧花が、神奈川の逗子で自然の日記として描写した文章の一説である。

(徳富蘆花 「自然と人生」 湘南雑筆 6月7日の記述 「蒼々茫々の夕」より)




今日、6月12日の夕暮れもまた、湿気のなかで「蒼く茫とした夕」だった。

ものの輪郭、思考の輪郭、言葉の輪郭、そして感受性の輪郭までも、

「茫々」でありながら、しかし明らかに作動していることを「悦」としてしる時間。


そこに在るものが、そこに在るままに周りと解け合い、しかし確かに自立するさまを、

想像した。




(終)





2011.06.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | よしなしごと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »